演奏会

新進演奏家育成プロジェクト

リサイタル・シリーズ

新進演奏家育成プロジェクト リサイタル・シリーズTOKYO91
文化庁高梨瑞紀ヴィオラ・リサイタル

【公演延期のお知らせ】
このたびの新型コロナウイルスの流行状況に鑑み、「リサイタル・シリーズTOKYO91高梨瑞紀ヴィオラ・リサイタル」を延期させていただきます。(2020.5.29)
 

2020年7月13日[月曜日] 19:00開演(18:30開場)
 →調整中

高梨瑞紀ヴィオラ・リサイタル東京文化会館 小ホール
アクセス (外部サイトが別ウインドウで開きます)
 


┃出演者
  •  
  • ヴィオラ:高梨瑞紀
  • ピアノ:山崎早登美

┃曲目
  • シューマン おとぎの絵本 作品113
    ブラームス ヴィオラ・ソナタ第1番 ヘ短調 作品120-1
    ブリッジ ペンシエーロ
    クラーク ヴィオラ・ソナタ


  • 高梨瑞紀 Mizuki Takanashi/ヴィオラ
    1995年生まれ、島根県出身。7歳よりイギリスでヴィオラを始める。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学を経て、同大学大学院修士課程を修了。
    第5回松江プラバ音楽コンクールにて弦楽器部門第1位およびコンクール大賞、第13回日本演奏家コンクールにて特別賞を受賞。文部科学省国立大学機能強化事業「国際共同プロジェクト」ウィーン音楽演劇大学200周年記念交流演奏会、第7回島根県新人演奏会に出演。2019年6月、松江市のプラバホールにおいてリサイタルを開催。
    京都フランス音楽アカデミー、飛騨高山音楽祭、Berkshire High Peaks Festival(アメリカ)、Allegro Vivo音楽祭(オーストリア)等に参加し、研鑽を積む。
    これまでにヴィオラをヤン・フィットラー、井川晶子、大野かおる、川﨑和憲の各氏に師事。また室内楽を田崎瑞博、漆原朝子、澤和樹、市坪俊彦、山田百子、中木健二、東誠三の各氏に師事。
    高梨瑞紀


     
    山崎早登美 Satomi Yamazaki/ピアノ
    東京藝術大学附属音楽高等学校、同大学を経て、同大学大学院修了。第67回日本音楽コンクール入選ほか受賞多数。第9,14,17回日本演奏家コンクールにて、伴奏者賞を受賞。また、浜松国際管楽器アカデミーなど各種音楽祭で公式伴奏者を務める他、国内外のアーティストとの共演など多岐にわたり活動している。2016~2019年、東京藝術大学弦楽科伴奏助手を務める。現在、東京音楽大学弦楽科非常勤講師。

     
    山崎早登美

     

  •  

 
┃チケット
 
  全席自由
料金 ¥2,500
  •  
  • ◇申込み方法(5/1(金)~発売)
  •  公益社団法人 日本演奏連盟 03-3539-5131
    (平日10:00~18:00・土日祝は休み)
     WEB予約はページ下部[チケットの申込みへ]から


    ◎日本演奏連盟へのご送金方法
     電話/WEB予約のうえ、1週間以内に下記いずれかの方法で先にご送金ください。
     ご入金確認後、チケットをお送りいたします。なお、お振込手数料はご負担ください。


    【郵便振替】
     00120-3-176681 公益社団法人 日本演奏連盟
    【銀行振込】
     みずほ銀行 虎ノ門支店 (普)No.1994687 公益社団法人 日本演奏連盟
    【現金書留】
     〒105-0004 東京都港区新橋3-1-10 石井ビル6階 公益社団法人 日本演奏連盟


 

┃主催 文化庁/公益社団法人 日本演奏連盟
┃制作 公益社団法人 日本演奏連盟
┃後援 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校響親会/東京藝術大学音楽学部同声会

文化庁委託事業<令和2度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業>

 

高梨瑞紀より

 このたびの東京文化会館でのリサイタルには私にとって大きな意味があります。私は15歳で東京藝術大学附属音楽高校への入学を機に島根県から上京しました。ちょうど東日本大震災の一ヶ月後の春でした。それから高校、大学、大学院、と合わせて9年間上野に通いました。藝大からも近い東京文化会館には、演奏会を聴きに何度も足を運びました。あるとき、小ホールでオーボエとピアノによるデュオコンサートを聴きに行ったのですが、私は特にそのときのピアノの音をよく覚えています。まるで弦楽器を思わせるような、それまで自分が聴いたことのないような音色で、今でもそのときの驚きと感動が心に残っています。そのほかにも私にたくさんの音楽体験を与えてくれた東京文化会館小ホールでリサイタルをさせていただけることがとても嬉しく、この機会をくださった日本演奏連盟様には感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 プログラムは、前半にドイツの作曲家、後半にイギリスの作曲家の作品を演奏いたします。どれも学生生活に勉強した大切なレパートリーです。イギリスは私がヴィオラと出会った地でもあるので、ご縁のある作品たちだと思っています。私が7歳のときから魅せられているヴィオラの音色をお聴きいただけたら嬉しいです。皆さまのご来場を心よりお待ちしております。
 

【公演延期のお知らせ】
このたびの新型コロナウイルスの流行状況に鑑み、「リサイタル・シリーズOSAKA37宮本茉実クラリネットリサイタル」を延期させていただきます。(2020.5.27)